T's活動館

タノツキ(T's)の創作・制作活動の告知や感想等のブログサイトです

※病気について※

※症状の緩和・変化があれば随時更新します。特別聞かれてタブーとかは無いので、何か気になる事があれば質問してくださっても構いません(むしろありがたいです)。晴れて症状が治った!!という事があればこの記事は削除するつもりです。

 

…とてもどうでもいい事かもしれませんが、私の病気・症状などを綴っておきます。理解して欲しい、というわけでもありませんが、一応、病気があると言った以上は、多少なりどういうものであるかを知っていただけた方が、私自身も、私と付き合ってくださる方にも、なんというか…ビックリさせずに済むかな?とも考えまして^^;;

 

以下、つらつら書いていくので、たたみます。

少しでも興味を持ってくださった方だけ、どうぞ…

 

 

 

精神的・肉体的共に不調があります。

肉体的なものは後発だと思いますが、

精神的なものはおそらく生まれ持ってだと思います。

 

詳しく診断を受けてはいませんが、

発達障害や精神的疾患の系統だと言われています。

 

基本的に性格は穏やかだと言われる方ですが、例えると別人格の自分が複数常に傍にいて、急にそれらが顔を出し主張を激しくする時があります。極端に怒るのと、極端に悲観的になるのと、2タイプいるようです。たとえ出てくるとしても、独りで考え事をしている時になので、人の前では滅ッッ多に(※2度だけ経験はある;;)はなりませんので、そこはご心配なく…

 

 

【肉体的の方:発症】

・くわしくは不明。

 ぼんやり記憶にあるのは、専門学生の終わり頃から、

 というくらいなので、今現在(2017年5月中旬)も続き

 だいたい6~7年は経ちました。

 

【症状】

・複数服薬して多少なり緩和されていますが、お医者さんも

 はっきりとした事はわからないということなので、劇的に

 効果があるものとは出会ったことがありません。

 

 

・とにかく、体が常に痛みます。

 主に首・首筋・肩・背中と、上半身の背面です。

 なんとも例えにくいですが、鈍くて重たく、またジンジンと

 痺れるようにも感じます。軽い時はマシですが、前触れも無く

 酷くなる事があり、その時は何をしていても息苦しく、

 激しい動悸・脈動があり、その感覚が気持ち悪いです。

 

 

・眠って記憶の無い時にしか痛みを感じません。

 起きている以上は、24時間絶えず痛いです。

 

 

・精神的な感情とは関わりが強くあるようで、

 自分の気持ちが落ち込んでいる時や、

 近くで子どもが泣いている、怒鳴り声が聞こえる、

 そういった時に急激に悪化する傾向があります。

 

 

・常に痛みと一緒なので、絵を描く・本を読むなど

 創作作業や趣味・暇潰しの行為もかなり苦しいです。

 酷い時はここから悲観モードに入る、というのが

 悪循環のお決まりのパターンです。

 

 

【薬が切れた時】

今までに2度経験しましたが、殆ど効果を感じないと思っていても

しっかり抑えられている症状もあります。その為、薬が切れた時は

上記の状態に加えて、首・肩・背中(痛む箇所)の異様な膨張感と

痺れが強くなり、痺れについては手先足先まで来ることもあります。

 

痛む箇所の脈動が更に強くなり、寝転がっていても自身の心音で

体が揺れたりします。体の膨張感が強いので、時折自分の姿を

見て確認しないと不安になったりします。

 

バイ○ハザードに登場するような、奇形で不気味で

グロテスクなクリーチャーのような姿になっている

のではないかと、心配になるのです…

 

 

 

…以上です。

話し出すとキリは無いですが、とりあえずこのくらいで。

 

読んでくださった方、もしもいらっしゃったら、ありがとうございました。