T's活動館

タノツキ(T's)の創作・制作活動の告知や感想等のブログサイトです

雨展2017…終了と解説。

こんばんは。

今年は梅雨の時期っていうの、あまり感じませんでしたね。何日かドバーッと降ったら、それ以後は良い天気で暑い毎日…というような印象です。

 

 

さてと、ARTs*LABoさんでの『雨展2017』、無事に終了したようです。

私個人は、久しぶりに展示会へ行くことができたので、それだけでも嬉しかったです。今回も、これといって大きな成果は感じられなかったかな…とは、やっぱりどうしても思ってしまいますが。ともかくで、作品を出すことができて良かったです。

 

 

さて、今回は初めて「自身の創作世界」を描きました。

twitterでは、さらっと軽く説明しただけでしたが、ここではもう少し、描いた世界について、語ってみようかと思います。少し恥ずかしい気もしますが(苦笑

 

f:id:ts_katudo:20170626194306j:plain

 

作品の全体は、CB等に後日アップしたいなと考えています。

それでは、解説(?)は、続きにたたみます…

 

 

私は、ファンタジーなどの「完全に架空の世界」を描くのを好んでいますが、この世界は今のところ唯一「現実と少し絡めたパラレルワールド」という舞台になっています。

 

この世界は、広い海の上に、たった1つの大地の上で、端から端まで、とても荒廃し汚染されています。元々、人は地上に住んでいましたが、あらゆるウィルスなどの脅威から逃れる為、殆どが地下の「美しい」場所に暮らしています。

 

そんな中で、地下を選ばず、好まず、外の世界で生き続ける人。

彼らは、正確には人ではなく、汚染された環境に適応した存在です。

彼らは超人的な力を持ち、恐れられ、迫害され、また排除されていきます。

 

 

今回のメイン作品に描いた2人は、本来対立する関係にあります。

茶髪の子(女性)は、ある組織(上記の超人達を始末する)の科学員。だけれど仕事に対して熱意が無く、いつもなぜだか虚無感を抱き、荒んだ世界をひとり眺めています。

 

白髪の男性は、上記に書いたウィルスに感染し、適応し、超人的な能力を手に入れたかわりに、記憶は欠損し、外見も変わり、仲間達は次々死んでいきます。死について特別な感情を抱いており、また自身も、死を望んでいます。

 

でもある時に、2人は出会いました。特別、何かを思ったわけでもなく、でも何となく、お互いに気になる存在となり、茶髪の子はぼんやりと、白髪の方は積極的に近付き、交流をしていくようになっていきます。

 

 

今回のこの作品は、そんな彼らの、ある日の場面、といったところでしょうか。

この世界の雨は、もちろんきれいなものではありません。

 

そんな雨にうたれて独り、廃墟にたたずむ彼女を見つけて、

彼は壊れた傘を差し伸べるのでした。

 

 

 

…と、そんな世界観で、そんなイメージで描いたものでした。

これは作品解説なのでしょうかね?(苦笑)まぁ、気にしない。

文章が稚拙なのも、気にしないでください…

 

 

また、この世界の人物達や、他の世界の人物達も、これから先、少しずつでも出していけたらなぁ…とは、思っています。ゆっくりのんびり、できますように。

 

それでは今日はこのくらいで。

失礼しました。