T's活動館

タノツキ(T's)の創作・制作活動の告知や感想等のブログサイトです

色々思うところ。

こんばんは、タノツキです。

先日は職場でぶっ倒れてしまいました…緊急搬送、もう色んな方に迷惑をかけました。明日は復活1日目ですが、1時間早く来て挨拶回りしましょうという事になっています。はぁ…迷惑をかけずに生きるのって大変ですね。この先どうなってしまうのだろう。

 

あ、あと以前から悩みの種のひとつだった粉瘤(できもの)を、一箇所摘出手術しました。背中の肩甲骨のところです。握りこぶしくらいのが取れました。麻酔が切れた後に痛み止めを飲むことも無く、こちらについては順調な経過です。そのうち、残り2箇所ある分の粉瘤も取ってしまいたいです。

 

 

…さてと、実はでもなく、色々思い悩んでいます。心の中がずっと真っ黒い感じで気分が悪いです。そんなこんなをつらつらと書きますので、続きは畳みますね。

 

 

 

さてと、もう随分前から私にとってはずっと付きまとう題材なのですが、『私は作家なのか?』『このまま作家を名乗り続けられるのか?』『作家としてやっていけるのか?』です。作家(笑)で今までやってきましたが、もう(笑)を付けられるような元気が持てません。作家と名乗れば誰でも作家ですよと元気付けられた時期もありましたが、あんまりに自分の活動に自信と結果が出せなくて、心底嫌になってきました。

 

現実の話です。やはり活動を続けていくには、新しいグッズを作るにはお金が必要です。今現在、私にはお金の余裕がありません。再度通販を開くのもまだできないくらいです。応援してくださるファンの方も、やはり一定数は居ないとグッズ制作はなかなか身を切るものです。お金の為に自分にとってとても苦しいアルバイトをして、結果倒れてしまう始末です。障害のある身には本当に辛いです。

 

仮題:お金が無い・お金が無いと活動ができない(企画展に参加したりだとか)・制作したものが売れない・(売れないから)作品に自信がない・障害の為にフットワークが重い・ファンの数が片手で数える程度

 

結局何が言いたいのか、何がしたいのかはわかりません。辛いならやめればいいのですが、そこにもまだ踏ん切りがつきません。決して多くはないですが、それでも確かに居る1人1人のファンの方に報いたくて、それが辞められない理由です。ただ、ただただ辛いです。もやもや真っ黒いものが胸のうちに渦巻いているような気分です。他のうまくいっている作家さんや売れている作家さんを見ると、羨む気持ちが強くて苦しいです。私は一体どうしたら良いのでしょうか…??

 

 

…とりあえず、辛いけれど、今決まっている事を精一杯頑張ることにします。それらが終わってもとりわけ変わりないようだったら、またそこで考える事にします。アルバイトもクローズで働いていて辛いですが、オープンの正社員を目指して頑張ります。頑張ってはいるんです。結果が出せないけれど。