T's活動館

タノツキ(T's)の創作・制作活動の告知や感想等のブログサイトです

属性:ラスボス戦でテーマ曲アレンジとかが流れると涙腺やられるタイプ

こんばんは、タノツキです。

あんまり制作の進捗という進捗もなく、話すネタも無いのですが、少し前に考えていた『ゲームのラスボス難易度について』的なことを語ってみようかなと思いつきました。

 

アクションゲームとかになると、操作に慣れなければいけないとか、焦りでミスが出るとか…そういう事もあるとは思うのですが、ターン制コマンド選択バトルは そういうのが無いので、比較的やさしいんじゃないかと思っています。まぁツクールとかのデフォルトバトルがそうですよね。とは言え、敵がどんな行動をするとか、どんな状態異常を使ってくるか…プレイヤーがそれに対して、どのくらい対策を打てるか取れるか、というのは、戦闘の難度に関わってくるんだと思います。

 

私が今回ふと思った『ラスボスの難易度』というのは、つまり上記のようなバトルシステムがある1つのゲーム作品に、1つ必ずあってプレイヤーが対面する『最後の戦い/その敵キャラクター』です。それのクリア=勝利への難しさ。

 

私個人としては、おまけの要素(プレイヤーが任意で向かうような、メインシナリオとは無関係)とかでもないかぎり、シナリオ…ゲームの物語を完了させて、見届けるのに必要であるラスボス戦が、やたらめったら困難なタイプは苦手としています。それこそ何回もゲームオーバーになるとか、運ゲーみたいなバランスになっていたりとか…完了させたいのに終わらないとなると、最悪『もういいや』となって、諦めてしまうからです。それはとても、もったいない。

まぁ…自分がたいしてゲーム上手ではないのも あるかもしれませんが、それはそれとして…

 

また、ラスボス戦の難しさは、最後の戦いだからといって、必ずゲームの中で最も強くて困難である必要も無いと思っています。これまでのシナリオを進めてきて、納得できる難易度であれば、それがベストなのではと考えています。

 

例えば…私が過去にプレイした作品を例に挙げると、『魔王物語物語』は難しい方で、『Fallen Snow』は比較的難しくなく…ですがこの2作品に共通するのは、その難易度で納得しているという点です。

 

この2作品は、思い返せばラスボス戦の難易度が、シナリオの流れに合わせて考えて、非常にしっくりきます。ネタバレを避けて詳しくは語りませんが、とにかく、前者は『強敵で当然』だし、後者は『弱いわけではないけど、強すぎる程でもない』という展開でラストバトルに入ります。なんなら、ラスボス戦が最もというくらい楽で、それで納得したという作品もありました。タイトルは忘れましたが(←)。

 

…上手に話せないのですが、とにかく そういう事を考えたのでした。ラスボス自身の強さから、使ってくる状態異常まで考えて…シナリオの終結にふさわしい難易度にできれば、プレイヤーへの感情移入も一層深まるのでは、とも思います。

 

 

…とまぁ、これはあくまでも個人的な感覚ですし、バトルが存在するゲーム作品に限った話には、なってしまいますが…私自身、ゲームはプレイするのも作る方も、そんなに得意じゃないと思いますが、自分がこれまで過去に遊んで『面白かった!』とか『感動した!』という作品達に憧れ…自分自身の作品も、少しでも そうできるように、努力できたらなぁと思います。

 

なんてね。

以上マル!!!!